記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【きくち】曲と歌詞どっちが大切?

こんばんは。きくちです。

聞いた話しによると、現在作られてる曲のほとんどは曲が先に作られて、その後に詞がつくらしいです。いまでも、詞が先に作られるのは演歌くらいと聞いたことがあります。

じゃあ、曲と歌詞ってどっちの方が重要なんですかね。曲が先なので、曲の方が重要?
ちょっと私が語りきれるテーマではないのですが(笑)
私は曲を聞くときは曲の方を意識してるかも、というか、普段は洋楽しか聞かないので、
歌詞で何言ってるのかわかりません。。。

例えば最近ハマった曲にPorter RobinsonのFlickerという曲がありますが、
これは完全に歌詞がないというか、vocalも楽器の一部と言う感じですね。



最高にカッコいいです。
最高にかっこいですが、でも1年後もこの曲をリピートしているかというと結構疑問です。

で、私が一番好きで、今でもリピートする曲はOneRepublicのStop And Stareという曲で、これは完全に歌詞に心を捕われた曲です。2007年の曲なのでもう7~8年聞いてることになります。



ここの部分が私の心をわしづかみです
=====================================
Stop and stare
ちょっと立ち止まって、見つめてみる
You start to wonder why you're here not there
どうして「あそこ」じゃなくて、「ここ」にいるのかって
And you'd give anything to get what's fair
君は「フェア」であることにこだわるけど
But fair ain't what you really need
でも「フェア」なんてことは、本当に君が望んでることなんかじゃない
Oh, can you see what I see
僕の言っていることが分かるかい
=====================================
私が作曲をしたい原動力の一つに「世の中不公平だ」という憤りがあります。
この曲はその心を理解してくれた上で、でも、世の中がフェアじゃないことを嘆いているだけじゃだめで、自ら何かを始めるんだ、と私に語りかけてくれた気がしました。
作者はそんな意図は無かったかもしれませんが、私にはそう聞こえました。自分と同じ気持ちの人がいたんだ!と嬉しくなりました。

結局、なにが言いたいかというと、流行や一時的な楽しさという面では曲の方が大事だけど、時代が流れても残り、人の人生の1ページになるのは歌詞なんじゃないかと思うんです。

J-Popでも長く愛され続けている、サザンやミスチル、松任谷由実さんなどはどちらかと言うと歌詞に魅力がある方々じゃないでしょうか。

ということで、私が作曲するときは、歌詞、メロディーから作るようにしています。
もちろん、曲と歌詞どちらも良いのにこしたことはないですけどね(笑)

皆さんは曲と歌詞、どちらが大切だと思います?


余談ですが、上で上げたPorter Robinsonの作業環境と言われてる写真です(真偽不明)が、これ私の方がいい環境な気がします笑

やっぱり、機材じゃないんですよね~努力とセンスなんですよね~ く~がんばろうー




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

菊池さんにはそんなストーリーがあったんですな...

ん~僕はどっちも大切な気がしますね。

選べない(笑)

その質問はなかなか考えてしまいますね。

深い...

2. 北田先生が言っていたことは

メロディから作る方が良い曲ができる。
勿論、自分で歌えないメロディはダメだけど
洋楽と違って邦楽は、日本語がメロディに
はめるのは難しいですよね。
メロディと共にコードが頭の中でなるように
なって欲しいとのこと。
まずは、ドレミの音が頭の中で鳴らせる
ように努力するのみです。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。